知っておきたい植毛の失敗例

知っておきたい植毛の失敗例

自毛植毛の失敗事例はどのようなことがありますか?

 

失敗例を知っておくことも重要です。

 

なぜなら、それを知っておくことで失敗になった要因を
避ける事も可能になるからです。

 

また自分の脱毛症の症状や状況、
あるいは体質によっては
自毛植毛が向かない場合もあります。

 

自毛を使用するので拒絶反応もなく定着率の高く
安全性の高い方法と言われていますが、
自毛植毛は外科手術ですのでリスクはゼロではありません。

 

その代表的な失敗例をご紹介しておきます。

 

知っておきたい植毛の失敗例,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミ

 

代表的な失敗事例

 

傷痕が目立つ

植毛の元となるドナーを採取する際、
あるいは移植する際にはどうしても皮膚を一時的に
傷をつけてしまいます。

 

通常はそのほとんどが目立たなくなるのですが、
中には傷が目立ってしまう方もいらっしゃいます。

 

医師やスタッフの技量不足によるところも大きいようです。

 

仕上がりが不自然になる

自毛を使用するので、通常は自然な仕上がりになるのが
自毛植毛の特徴ですが、

 

一概には言えませんが、
施術する医師の技量や知識によっても
仕上がりが不自然になってしまう場合があるようです。

 

欧米に比べ日本は自毛植毛がまだまだ普及していません。
施術を行う医師の知識や熟練度、技術によって
成功するかどうか決まるといってもいいでしょう。

 

自毛植毛の症例や実績を多く積んでいるクリニックの医師を
見極めることが失敗しない最大の方法です。

 

また手術前のカウンセリングもとても大切です。

 

今ではインターネットで費用や術式、実績など
多くのことが確認できます。

 

ひとつの判断材料として、
積極的に情報公開をしているかなどでも
ある程度の判断もできると思いますが、

 

やはりきちんとカウンセリングを行っているか、
リスクやデメリットに関しても説明があるかどうかなど
重要なポイントです。

 

自毛植毛が適さない人

 

頭皮に脂漏性皮膚炎のある人、
脱毛の範囲が極端に広い人は自毛植毛に
適していません。

 

無料カウンセリングなどで
自毛植毛が可能かどうかご確認の上、
ご判断されるようにしてください。

 

 

知っておきたい植毛の失敗例,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミアイランドタワークリニックに施術費割引でお得に申込むにはこちら