自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛のメリット・デメリット

ここでは自毛植毛のメリット・デメリットについて
まとめています。

 

大切なところですので、よくご確認ください。

 

メリット

自毛植毛のメリット・デメリット,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミ

拒絶反応の心配がない

 

 自分の毛髪を利用しますので
 人体に異物としてみなされないので
 拒絶反応が 起こる心配がありません。

 

 近年術後の定着率も上がり、
 より安定した結果がもたらされるようになりました。

 

自然な仕上がり

 

 術式による仕上がりによる違いはありますが
 髪質や髪色に対しては自分の毛髪を利用しますので
 不自然になる不安はありません。

 

 人工も技術が向上したとは言え、
 個人の髪質と同じ物を作ることはできません。
 術後の仕上がりにおいて自分も毛髪に勝るものはありません。

 

自分の髪として再び生えてくる

 

 自毛植毛は、生きた自分の毛髪を移植しますので
 術後一度定着すると自分の髪として成長し
 生え変わるようになります。

 

 しかも薄毛の原因とされる男性ホルモンの影響を受けにくい
 後頭部の毛髪を使いますので 移植後もその性質を持ったまま
 成長していきますので薄毛に悩まなくて済むようになります。

 

高価なランニングコストは不要

 

 移植後毛髪が定着すれば、人工毛のように
 メンテンナンスや 再植毛が必要になったりカツラのように
 買い替えが必要になるなどの コストは発生しません。

 

 結果として総合的なランニングコストは自毛植毛の方が
 安いのではないかと思います。

 

薄毛以外の治療にも植毛可能

 

 もともと自毛植毛は火傷や怪我によって
 生えなくなった脱毛治療に使われていました。

 

 また生きた毛髪を移植しますので
 すでに毛包が存在しない患部にも有効です。
 (まつげや眉毛、アンダーヘアなどの植毛など)

 

デメリット

自毛植毛のメリット・デメリット,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミ

移植量に限界がある

 

 自毛植毛は
 主に自らの後頭部の自分の髪から採取されます。

 

 従って一度に移植できる量は自ずと限られてきます。
 施術方法によって植毛密度も限定される場合もあります。

 

 無理して移植元の毛髪を採取し過ぎてしまっても
 意味がありませんし、別な薄毛に対して植毛を行おうとしても
 対応できなくなる可能性もあります。

 

 移植元となる毛髪がなければ移植はできません。

 

 移植できる量には限りがあり、
 医師としっかりと計画的に行うことが必要です。

 

頭皮トラブルなど

 

 自毛植毛では、移植毛は
 主に後頭部から採取されます。

 

 従って移植元には若干傷痕が残ります。

 

 最近では技術も向上もあって
 それほど目立たなくなってきていますが、
 全くの無傷と言うわけには行きません。

 

 施術の回数が増えると目立つ場合も
 あるかもしれませんが、施術回数が少なければ
 ほとんど目立たないレベルかと思います。

 

 また施術する医師の技量や術式にもよっても
 変わってくるところもあるかと思います。

 

一時的にですが、腫れや麻痺が起こることもあります。

 

 植毛を行う際、
 頭皮には移植孔というアナを開けます。

 

 この時頭皮にある知覚神経が切断されるので、
 一時的にですが軽いしびれや麻痺が
 起きる場合があります。

 

 しかしこれは一時的なもので、
 2〜3ヶ月後には自然に回復しますので
 過剰に不安になる必要はありません。

 

 また施術後かさぶたなどができることで
 かゆみが生じたりすることがあります。

 

 衛生上傷口をかいたりすることは好ましくありません。

 

 その他、生え際に植毛した場合に、
 これも一時的にですが
 額やまぶたなどに腫れが出ることもあります。

 

 これも1週間程度で回復するかと思います。

 

一時的な脱毛や生え揃うまでの時間、ショックロス

 

 自毛植毛で移植された毛髪のほとんどは、
 1〜2ヶ月程度でいったん脱毛する傾向にあります。

 

 不安になるところですが、
 脱毛した後、3〜6ヶ月あたりから再び髪が生え初め
 10ヶ月〜1年で生え揃います。

 

 しかし、これとは別に
 一時的に植毛部周辺の髪が抜け落ちる
 ショックロスと呼ばれる現象が起こることがあります。

 

 

自毛植毛のメリット・デメリット,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミアイランドタワークリニックに施術費割引でお得に申込むにはこちら