4.i-direct法とは

i-direct法とは

メスを使わない、切らない自毛植毛術式「i-direct法」

アイランドタワークリニックで行われいるダイレクト法は
メスを使用しない切らない術式として注目されている
i-direct法」と言う術式です。

 

ダイレクト法の中でもi-direct法は、メスを使用しない術式で、
先進の自毛植毛機械を使用したFUEという方法で、
画期的な方法です。

 

1つ1つのFU(毛包単位)を機械で採取し
そのまま植えていくという方法をi-direct法と呼んでいます。

 

通常FUEは、人の手でひとつひとつの毛包を
パンチと言われる毛髪採取器具で採取します。

 

しかしi-direct法で自毛植毛機械を使用してFU採取するため、
施術速度が圧倒的違いがあります。

 

i-direct法とは,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミ

 

i-direct法の最大のメリットは、移植毛採取時に
移植片(グラフト株といいます)にダメージを
与えない点にあります。

 

手によるグラフト株採取の方が丁寧な印象かもしれませんが
むしろ人の手による作業であるがゆえグラフト株採取の際の
角度が変わるなど傷つけてしまうことが可能性が大きくなります。

 

i-direct法は、専用機械を用いることにより採取角度などを
変えることなく、グラフト株にダメージを与えません

 

i-direct法は1回目の手術で結果を出すことが可能

1度の手術で結果を出すことを可能にしたのがi-direct法。
植毛できる密度が高くすることを可能にもしています。

 

専用の機械で採取することによりグラフト株が
キレイでダメージがなく、

 

また無駄な組織の付着のない必要なものだけが
ついたものなので高密度での植毛が可能です。

 

一般的な植毛だとに約30%の密度と言われていますが、
i-direct法では50%以上の高密度(デンスパッキング)での
植毛が可能となります。

 

大量植毛(メガセッション)が可能する「i-direct法」

従来はストリップ法という後頭部の皮膚を切リ取り
植毛する毛髪を採取する方法が主流でした。

 

ただしこの方法は皮膚を切り取ったあと縫い縮める必要があり
多くの移植用の毛髪の確保が困難でした。

 

1度に採取できる数に限度があり、限度を越えて採取すると
傷跡が醜くなったり目立ったりしてしまいます。

 

それに対してi-direct法では、
移植毛採取の際に国内最小の直径0.65mmのホールと言われる
小さい穴をあけ採取します。

 

採取後数日で穴は目立たなくなります。

 

男性ホルモンの影響を受けにくいと言われる後頭部から
間引きするように移植毛を採取し植毛します。

 

最大一日3000株(約7500本)という移植実施例もあります。
2日間に分けて行えば5000〜6000株(約12500〜15000本)の
植毛も可能です。

 

 

i-direct法とは,アイランドタワークリニック,自毛植毛,植毛手術,植毛費用,口コミアイランドタワークリニックに施術費割引でお得に申込むにはこちら